究極のアンチエイジングケア【マイナス10歳】

染めた後のトリートメントは絶対必要?

白髪染めの初体験は美容室でした。 >>白髪染め人気ランキングを確認

 

美容室で染めた後にトリートメントをすすめられ、深く考えてなかったけれどお願いすることに。

 

仕上がりは流石プロって感じで、キレイに染まっていました。
それだけで見た目年齢もぐんと違ってきます。
髪の指通りも、とてもなめらかで大満足なんだけど、お財布事情が苦しくなって市販の白髪染めを試してみることにしました。

 

ドラッグストアに行ってみるも、クリームタイプ、泡タイプ、トリートメントタイプと、いったいどれを選んだらいいの?ひたすら手にとっては、説明書きを読みまくりました。

 

最初は根元部分のリタッチをする予定だったけれど、気に入った商品は使い切りタイプで残しておけないので、クリームタイプ(クシから直接出る)で全体染めすることにしました。

 

カラー剤が付着すると取れにくいので、着るものや壁などに気を使いながら、初の自分染め開始。
美容室のようにハケで塗るわけじゃないから、クシで髪の毛をとかすように動かすだけ。
思ったより簡単に塗れてここまでは順調、後はちゃんと染まってるのか?
時間になって洗い流しました。

 

水気をしぼってイヤな感じ、めちゃくちゃバリバリしてきしんでる。
鏡の前で髪の毛をチェックしてみると、ウソでしょう・・・白髪いっぱい残ってる。
うわぁ、やっちゃったパターンかなこれ・・・

 

とりあえずドライヤーで乾かして見ることにしました。
すると、ものの見事にパッサパサのバリバリ、ゴワゴワになってしまいました。

 

今まで美容室で意識せずに頼んでいた白髪染めが、いかに大事なのか痛感しました。
ゴワゴワになってしまった髪の毛は、なかなか元には戻りません。

 

こんな経験お待ちではないですか?最近では市販の白髪染めも進歩していますが、ディスカウントショップなどで販売している安物の商品を使用すると、やっぱり・・・髪の毛に色を入れることは、髪に負担をかけるので商品選びが、重要になってきます。

 

自分の髪質や使用用途に合ったものを購入すれば美容院に行かなくとも、きれいに簡単に自宅で白髪染めはできます。ぜひあきらめず財布にやさしい白髪染めをチャレンジください!

 

 

 

 

 



このページの先頭へ戻る